果樹の紹介

ブルーベリー

ブルーベリーの栄養素について

ブルーベリー

ブルーベリーはアントシアニンが豊富に含まれているため、「眼の網膜に良い」と 視力改善効果が謳われているが、国立健康・栄養研究所の論文調査によると、ベリー系果実は視力改善よりむしろ「尿路感染症に効果」があり、膀胱炎などの治療・予防に効果があるとされている。
ブルーベリーに含まれるアントシアニンはポリフェノールの一種、一説ではビタミンCの約5倍もの「抗酸化作用」があるといわれている。この「抗酸化作用」の強い食品は、がん・糖尿病・動脈硬化などの生活習慣病を予防できることが近年の研究によって注目されている。

また、ブルーベリーは「食物繊維も豊富」で、キウイフルーツ・イチゴ・バナナなどよりも多く含まれており、100gのブルーベリーで1日の目標摂取量13~21%が摂取できるようである。

こだわりの栽培方法

ブルーベリーはサザンハイブッシュ5種類・ラビットアイ3種類、合計8種類約800本を約5反(5000㎡)に植え付けています。
品種については極大~大粒品種で甘み・酸味を適度に兼ね備えた風味のあるもので、観光農園であるため、なるべく長く収穫できるように品種を選定しました。

生ブルーベリーの美味しいお召し上がり方

当園のブルーベリーは無農薬栽培ですので、そのままで3~4日は美味しくお召し上がりいただけます。
冷凍にする場合は軽く水洗いした後、なるべく3ヶ月以内にお召し上がり下さい。また、冷凍したブルーベリーは同量の牛乳と蜂蜜を少々加え、30秒程度ミキサーにかけるとスムージーとして美味しくいただけます。

ブルーベリージャムの美味しいお召し上がり方

当園のブルーベリージャムは添加物を一切使用していない甘さ控えめのジャムで、開封後1ヶ月以内にお召し上がりいただくと、ブルーベリーの風味をそのままお楽しみいただけます。
ラビッドアイの場合は、イチゴのような粒々(ザラザラ)感があります。
また、保存する場合は必ず冷蔵保存してください。

ポット植え

ポット植え

当園は元田圃だったため、水はけが悪いので地植えを断念し、ポット植えにしています。
培土はピートモス9:ココヤシ殻1で、PH5前後になるようにしており、肥料は油かす5:骨粉1の割合で、元肥・追肥・礼肥の年3回、1ポット当り300~150g施肥、完全無農薬栽培を基本にしています。

潅水

潅水はぶどうと同様に自動潅水を採用していますが、こちらは点滴チューブを各ポットに2本配置し、決まった時間・決まった量の潅水を行っています。
また、地面には防草シートを敷き詰め、草刈り等の労力の省力化を図りました。

獣害防止対策

ネット

当地はイノシシが出没するため、耕作放棄地になっていたところで、園の周囲は獣害防止柵を施していますが、現在ウリ坊・ハクビシンなどが侵入してきます。
ハクビシンについては一度に1本の樹全ての実を食べ尽くすため、鳥対策を含めて現在収穫前には1ポット毎にネットを被せて防護しています。が、樹の方は年々大きくなるためネットが限界に来ており、全体を覆う防鳥ネットを来年より検討する必要があります。
ブルーベリーの樹はまだ発展途上ですので、今後益々樹が大きくなり、収量も増えてきます。農園も樹に合わせて年々グレードアップしていきたいと思いますので、よろしくお願いします。

品種

サザンハイブッシュ

  • エメラルド

    エメラルド

    フロリダ農業研究所による育成。2001年発表。 果皮は中程度の青色。果実は大粒~特大で、甘くてほんのり酸味がある。 成熟期は6月中旬~7月中旬で、フロリダスターより約1週間遅れる。

  • フロリダスター

    フロリダスター

    フロリダ大学による育成。1996年発表。 果皮は暗青色。果実は大粒~特大で、果肉の硬さは秀でており風味に優れる。 成熟期は6月上旬~7月上旬。

  • ニューハノーバー

    ニューハノーバー

    ノースカロライナ州立大学による育成。2005年に発表。 果実は大粒で風味が優れる。日持ちが良く収量性に優れる。 成熟期は6月中旬~7月中旬。

  • ミスティ

    ミスティ

    フロリダ大学の育成。1990年に発表。 果皮は明青色。果実は大粒で、硬さ風味とも良い。着花過多の性質が強い。 成熟期は6月中旬~7月中旬。

  • オザークブルー

    オザークブルー

    アーカーソン大学による育成。1996年に発表。 果皮は明青色。果実は大粒で、硬さ風味いずれも極めて優れる。 成熟期は7月上旬~8月上旬。

ラビットアイ

  • アラパハ

    アラパハ

    USDAとジョージア大学との共同育成。2001年に発表。 果色は明るい青色。果実は中粒で、収穫後の日持ちが良い。この品種はラビットアイ特有の種子のざらざら感が無い。 成熟期は7月中旬~8月中旬。

  • ブライトウェル

    ブライトウェル

    ジョージア州沿岸試験場とUSDAとの共同育成。1981年に発表。 果皮は明青色。果実は中粒で、家計は偏円形~円形、風味が良い。収穫生が非常に高く、市場出荷向けに秀でる。 成熟期は7月中旬~8月中旬。

  • オクラッカニー

    オクラッカニー

    ジョージア州沿岸試験場とUSDAとの共同育成。2002年に発表。 果実は大粒で、高品質。種子のざらざら感が無い。収穫生は安定して高い。 成熟期は8月上旬~9月上旬。

ブラックベリー

平成24年植付け品種です。

  • アパッチ

    アパッチ

    果実は特大(8~10g)で、適度な硬さがある。 糖度は約11度。収穫生は高い。 生食が主。ゼリー・ジャム・ジュース・ワインなどの加工。 成熟期は7月上旬~8月中旬。 (平成26年より収穫予定)

ぶどう

こだわりの栽培方法

ブドウの品種については、観光農園であるためいろんな色のブドウが出来た方が楽しいだろうと考え、長く収穫可能で赤い果実・黒い果実・緑の果実が交互に収穫できるように選定しています。
平成22年の12月に8種類、平成24年の12月に6種類、約4反(4000㎡)に115本のブドウを植え付けました。

新短梢栽培

『メルファーふたがみ』のぶどうは、『新短梢栽培』で栽培しています。この栽培法は、山梨県甲州市の小川孝郎先生が高齢者・新規就農者が高品質な果実を安定多収でき、安全で環境にやさしい栽培方法として考案されたものです。
この技術は、側面に平行に誘引した新梢を1~1.2mで一律摘心・一結果枝に一果房・草生栽培によるチッソ・カリの補給といったことが大きな特徴です。

この栽培法の利点

農園

  1. 誘引線が身長から高さを決めているため、房作りや袋掛け作業が目の前で出来、疲れにくい。
  2. 新梢が棚下に垂れ下がらないため、草刈り等の作業で園内を自由に動ける。
  3. 樹勢の状態が一目瞭然で、剪定作業に熟練を要しない。
  4. 一枝一果房のため、養分が果房へ効率的に転流され、大玉で高品質果実を多収できる。
  5. 草生栽培によって、樹勢を維持できると共に、施肥料が少なくてすむ。
  6. 樹形が単純なので、少量で効率的に病害虫防除が出来る。
  7. 二年目から実を成らせ、四年目で成園化するので、早期に収入が得られ、品質更新もしやすい。

等があげられます。

草生

当園では、草生栽培用の草生はライ麦とヘアリーベッチを使用しています。ライ麦は、非常に深く根が入り、土中に沢山の空気穴(根穴)と微生物や小動物を繁殖させるため、土壌改良の役目をし、刈り取られた茎葉は「カリ」の即効性肥料としての働きも果たします。ヘアリーベッチはマメ科の植物で、ライ麦より浅い部分での根量が多く、マメ科特有の根粒菌の働きで根から栄養豊富な分泌物を出して、根菌生物を繁殖させることにより、土壌を肥沃化させる働きがあります。
また、刈り取られた茎葉は主に「チッソ」の速効性肥料として働きます。

潅水

当園の潅水は自動潅水を採用しており、樹毎にスプリンクラーを配置し、決まった時間・決まった量の潅水が出来る仕組みにしています。

無農薬での栽培

ぶどうは病害虫に弱い果樹で、新規就農者にとっては無農薬での栽培は厳しいものがあります。毎年一年間の病害虫防除計画を年始に行い、実施していますが、今後農薬知識の向上・減農薬化を図っていく必要があると考えています。
現在ぶどうの樹はまだまだ成長途中で、これからどんどん大きくなり収穫量も増えてきます。今後益々、皆様のご期待に応えられるよう、頑張っていきますのでよろしくお願いします。

品種

平成22年植付け品種です。

  • サニールージュ

    サニールージュ

    「ピオーネ」と「レッドパール」を交配・選抜した、紫赤色の巨峰系四倍体品種。デラウエアーより大粒で早生の種無しブドウを目的として育成され、糖度は19度と高く、食味が良い。熟期はデラウエアー(7月下旬から)と同じか、デラウエアーと巨峰(9月)の中間ぐらい。

  • ブラックビート

    ブラックビート

    熊本県宇城市で「藤稔」に「ピオーネ」を交配しして育成された、紫黒色の極早生巨大粒種である。果粒は平均15~20gの短楕円形巨大粒で、適度に締まり多汁。糖度は16~19度とピオーネほど濃厚ではなく、ややあっさりした味ではあるが食べ易い。熟期は7月下旬~8月上旬と、かなりの早生種。

  • ハニービーナス

    ハニービーナス

    「紅瑞宝」と「オリンピア」を交配して育成された、黄緑色の四倍体品種。果粒は9g程度と、巨峰とネオマスカットの中間ぐらいで、房は400~450g位。糖度は21度くらいになる甘みの強い品種。収穫期は巨峰とほぼ同時期(9月頃)の、中生ブドウ。

  • ベニバラオー

    ベニバラオー

    甲府市において「バラード」と「京秀」を交配して育成された品種。果皮はピンクから鮮やかな紅色、果粒は楕円形で12g前後と大きい。肉質は適度な締まりがあり、皮がむき易い。糖度は22~23度になり、甘みが強く、酸味・渋味とも少なく食味は極上。熟期は8月下旬~10月位で、糖度も8月から徐々に上がっていく。

  • シャインマスカット

    シャインマスカット

    「安芸津21号」(スチューベン×アレキサンドリア)と「白南」(カッタクルガン×甲斐路)を交配して育成された2倍体欧州系の新品種。果皮は緑黄色で、果粒は12~14g、房は500~600gと肥大可能で、ずっしりとした重さを感じる。糖度は17~20度で、渋味・酸味とも少なく、多汁で食味が良く、果皮ごと食べられる。熟期は8月中旬~9月頃で、貯蔵性にも優れている。

  • オリエンタルスター

    オリエンタルスター

    「安芸津21号」(スチューベン×アレキサンドリア)と「ルビーオクヤマ」を交配して育成された2倍体欧州系の新品種で、「シャインマスカット」と姉妹品種といえる。果皮は美しい紫赤色で完熟すると紫黒色になり、果粒・果房とも「シャインマスカット」と同じ大きさになる。香りはないもののシャインと同じ食感で、熟期は8月下旬ごろで、貯蔵性にも富む。

  • スチューベン

    スチューベン

    ニューヨーク農試作、紫黒色の中塾種で、酸味が少なく極めて甘いブドウである。糖度は20~23度に達する。店持ちの良さは現在のブドウの中では最高で、棚状に放置しても1ヶ月位は変わらず、痛みの無いブドウとして歓迎されている。

平成25年植付け品種です。

  • ゴルビー

    ゴルビー

    「レッド・クイーン」と「伊豆錦」とを交配・選抜して、赤い巨大粒品種として育成された、4倍体品種。「ゴルビー」はゴルバチョフ氏の愛称で、赤い丸い大粒から連想して名付けたらしい。果粒は20gに達し、糖度も20~21度と高く、食味肉質とも良好。熟期は8月上旬~下旬頃と比較的早い。

  • 高妻

    高妻

    長野市で「ピオーネ」と「センテニアル」を交配・選抜された品種。果粒は短楕円形で、17~22gと大粒である。果皮は真黒色から紫黒色でピオーネより濃く、迫力がある。糖度は18~21度に達し、コクのあり深い味わいのあるブドウ。ジベレリン処理で熟期が早まり、巨峰(9月頃)よりも早く収穫できる。

  • 多摩ゆたか

    多摩ゆたか

    「白峰」の自然交配実生を選抜・育成して作られた4倍体品種。早生の黄緑色大粒種で、外観はとても優美で果粒は楕円形約13g、果房は350~400g。酸味は少なく、糖度は17~20と高い。熟期は8月下旬ごろで、成熟後、棚上1ヶ月程度は着果させておくことができ、収穫後の日持ちも優れている。

  • 安芸クイーン

    安芸クイーン

    赤色系で大粒の優良品種を目的として「巨峰」の自殖実生を選抜・育成した4倍体品種。果皮は鮮紅色で、果粒は倒卵型で平均13g位と巨峰よりやや大きい。糖度は18~20と高い。熟期は8月中旬~下旬と、巨峰よりやや早い。

  • 藤稔

    藤稔

    藤沢市で「井川682号」と「ピオーネ」の交雑実生で果房・果粒共に大きい黒色系ブドウ。裂果・脱粒性ともに少なく、輸送性が高く、大房大粒で美しい紫黒色はボリューム感豊かで高級果実のイメージが高い。果粒は20~25gの大粒で、熟期は「ピオーネ」より2週間ほど早く、8月中旬~下旬に成熟する。

  • 黄玉

    黄玉

    「ジャスミン」(ピオーネ×紅富士)の実生群を選抜・育成した白黄色大粒種。果粒は白黄色の楕円形~倒卵形で、8~13g。肉質も硬くジャスミンに似た香りがある。糖度は22~25度に達し、これほど高い品種はあまり無い。熟期は8月中旬~下旬とやや早い。

TOP