農園紹介

農園長あいさつ

農園長

中堅ゼネコンを早期退職し、2010年愛媛県新居浜市でブルーベリーを5反(5,000㎡)に約800本・ブドウを4反(4,000㎡)に約100本植付けました。
当園のブルーベリーは茨城県土浦市の「大関ナーセリー」より、ブドウは山形県の「中山ブドウ園」より苗木を調達し、 ブルーベリーはポット栽培で、ブドウは「新短稍栽培」で栽培しており、無農薬で化学肥料を一切使わず、すべて手作業で育てています。
2013年に新居浜市初の観光農園を開園し”童心に戻り、想い出作りをしませんか”というキャッチコピーのもと、 工都新居浜市で当園のブルーベリーは数少ない特産品の一つになっています。(メルファーとは、メルヘンファームの略です。)
2017年の愛媛国体において、道後温泉「ふなや」の洋食料理長から当園のブルーベリージャムと濃縮ブルーベリーを使った料理を、皇室へご提供していただきました。
2018年1月に「株式会社メルファーふたがみ」を設立し、今日に至っています。
当園は観光農園ではありますが、生産・加工・販売といった6次産業に力を入れており、年間を通じて当園のブルーベリーをご賞味いただけるよう、 当園の無農薬栽培の完熟ブルーベリーに瀬戸内海の岩城島のレモンとグラニュー糖のみで作った、甘さ控えめで添加物を一切使用していない「手作り完熟ブルーベリージャム」、 当園の完熟ブルーベリーを真空パックした「冷凍ブルーベリー」、また新居浜市の障がい者施設とのコラボによる「ブルーベリークッキー」等も販売しています。
メルファーふたがみは、皆様に美味しく安全安心なブルーベリーとブドウを提供し、皆様の憩いの場になれるようスタッフ一同日々努力してまいりますので、 今後ともご愛顧の程よろしくお願い申し上げます。

令和2年 5月
農園長 二神明宏

農園名の由来

農園

『メルファーふたがみ』のメルファーはメルヘンファームの略です。
当園に来園された皆様に「童心に戻って、思い出作りをしてほしい」と想いを込めて命名しました。

農園概要

農園の名称 新居浜船木観光農園 メルファーふたがみ
農園長 二神明宏
農園所在地 〒792-0856 愛媛県新居浜市船木甲1813
事務所所在地 〒792-0836 愛媛県新居浜市篠場町2-15
TEL 0897-47-4095
FAX 0897-47-0739
栽培概要 【ブドウ】(約4,000㎡ 115本 新短梢栽培)
《種類》サニールージュ・ブラックビート・ハニービーナス・ベニバラオー・シャインマスカット・オリエンタルスター・スチューベン 他
【ブルーベリー】(約5,000㎡ 約800本 ポット栽培)
《種類》エメラルド・フロリダスター・ニューハノーバー・ミスティ・オザークブルー・アラパハ・ブライトウェル・オクラッカニー  他
TOP